新生銀行住宅ローンの申し込み方法は?

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
住宅ローンの金利は大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。
という点は住宅ローン減税を組む上でとてもメリットが大きいですよね。
審査が少し変わっています。
フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。
住宅の価値を重視して審査を行います。
一般的な住宅ローンと一緒です。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、色々な面から審査されるそうです。
自分の家を建てたい!と思ったとき銀行や信用金庫などから申し込み可能なマイホーム購入時の融資が頼れます。
しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのか混乱してしまう事もあるかと思います。
選び方の参考としては、近場の金融機関を選んだり不動産屋と提携しているところやインターネットバンキングでも申し込みをする事ができます。
ですが、どの場合でも審査が必ずあり必ず合格するという甘いものではありません。
住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
頭金は一切かかりません!と言った宣伝も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。
ただし、月々の返済は多くなります。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。
頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。

新生銀行住宅ローンってどう?トータルでお得!【金利が高い理由は?】