カジノをテーマにした洋画の影響って?

海外では、ギャンブルをテーマにした洋画が数多くある。
大金が動くギャンブルの場では、派手なイメージや人間の欲がうごめいているため、その辺りをストーリーにすると、視る者にインパクトを与えやすい。
やはり舞台となるのはカジノだ。
ストーリーは、クライムサスペンスやクライムアクションが多い。
特にクライムアクションの要素がふんだんに盛り込まれた洋画は、カジノの持つきらびやかでセレブなイメージと、海外のクライムアクションムービーの基本とも言える、爆発シーンが頻繁にあるためワクワク、ドキドキする。
日本にはそういう賭場が存在しないために、ギャンブルをテーマにした映画はもの凄く新鮮だ。
こういった映画の影響で、海外までギャンブルをしに行った者も多く存在する。
日本も解禁に向けて動きが本格化しているが、もし実現したら日本の映画業界やテレビ業界も変わるかもしれない。
海外の様なギャンブルをテーマにした映像作品も増えるであろう