保険の無料相談サービスで騙されないコツ

今の保険を選んだ際にどういったものを参考材料にして決めましたか?

ランキングサイトなどのwebサイトを参考材料にした人、職場に来た営業の人の説明や知人の話などいろいろな参考材料があると思います。

そうやって契約をした結果、月々の料金がキツい、実は保障内容を理解していないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを利用しましょう。

当たり前のことですが加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

そのため、相談してみた結果、保障内容がほぼ同じ内容なのに月額が低く抑えられた、今の生活状況により合ったオプションが提案してもらえたという話も多いです。

よくある保険相談に来店タイプと訪問タイプがありますが、訪問タイプにおいてはFPさんの選択が不可能なので、話し合い中のトラブルの話もちらほら見かけることがあります。

こちらの質問に満足な回答を得られないまま、流されてしまうこともあるかもしれません。

根拠のない脅しのようなことを言いこちらの弱みに付け込むような方法をとるFPさんでは、長く付き合っていくのも難しいでしょうから大事なことをお任せするのは考えものです。

そんな失敗を避けるためには、自分でも勉強して面談時には誰かに一緒にいてもらうなどしましょう。

2017年4月に発表された金融庁からの指針により保険無料相談後に高額な商品券などを相談者へプレゼントするキャンペーンが禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の策定した指針から各サービスでは、商品券から牛肉やお米などの景品へ変わっています。

また、現在も商品券をプレゼントするキャンペーンを謳っているサービスがありますが、これは明確なルール・法令違反なのですぐに淘汰されていくでしょう。

もし、保険相談サービスの利用を検討しているのならば、キャンペーンだけでなくサービスを提供している会社の評判などを調べてから選びましょう。

相談をしたいという勢いを重視するなら街中の保険ショップへ行くという選択肢もあります。

保険の無料相談を行っている会社はたくさんありますが、唯一自分とぴったり合った会社にお願いできるというのは、考えているより難しいのかもしれません。

探す際のひとつの目安としてランキングがあります。

重要なポイントに絞って作られていることも多いので、自分と相性の良さそうな会社がわかりやすくなっています。

よく聞くような名前の会社でも担当FPさんによって合う合わないはどうしてもありますから、位置づけが上のところから面談を始めてみるなど、有効利用することが満足への近道です。

一般的に良い評判よりも悪い評判の方が頭に残ってしまうことが多いと聞きます。

ライフプランの見直しや契約状況の確認をしてくれる世間的に保険無料相談サービスに対してどんな印象を持っていのでしょうか。

口コミサイトを見てみると相談前の人の多くが「相談したら結局保険を契約させられそう」というイメージがあってなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に相談してみた人によると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と言ってくれて安心できた、説明内容や物腰が柔らかくて本当に相談だけでも大丈夫だったなどイメージとは全く違うことがわかりました。

なので見直しを検討している人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

プロに自宅へ来てもらって保険の話をするとき心配なこととして、満足な提案ではなかった時に断れるかどうかという点があります。

普通の会社なら強引なセールスは厳禁ですし、担当者と合わないときには変更してもらえたりするような安心・便利なサポートがあります。

一回話し合いをしただけで全て決めることにはまずならないそうですから、まずはきちんとした相談をしたいので勧誘はいらない旨をはっきり伝えてくぎを刺しておくのも良いかもしれません。

FPさんの質やその提案に自信があるところなら即決して欲しがることもないでしょうし、問題ないと思います。

保険の無料相談を請け負っている会社の中でも、テレビでCMを流したり全国に店舗があったりして世間に広く認知されているであろう「ほけんの窓口」。

知名度が高く体験者も多い来店型の会社なので、口コミや体験談を探すのに苦労しないところもありがたいです。

初めてのFPさんとの面談では知識を深めるところから行い、こちらからの質問にも手を抜かず答えてくれるそうで評判が良く、満足度も高いとのこと。

また取扱っている商品の数も多いので、提案されるプランも幅広くなるかもしれません。

世間からの評判を気にする職業と聞いて、どんな職を思いつきますか?一般的に思い浮かべるのは、政治家や芸能関係だと思います。

実は保険無料相談サービスをしている企業もとても気にしているんです。

なぜかというと、無料相談サービスでは相談者が提案された保険を契約したときに保険会社から報酬が発生するからです。

しつこい勧誘を行うとSNSや口コミサイトなどで拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も評判の悪いFPの登録を解除したり、悪評、クレームの多いFPの登録解除を行ったりして対策をしています。

一生のうち、保険は家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる担当者を見つけしっかりと説明を受けてから決めましょう。

営利企業なのになぜか無料で続けられているサービスがあります。

無料でも営業を出来ているのには何かカラクリがあるはずです。

例を挙げると、保険無料相談サービスの場合では相談サービス会社は各保険会社からの契約手数料が主な収益となっています。

つまり、相談者がFPに提案された保障を契約することによって手数料が保険会社からサービス会社へ支払われるということです。

そのため、契約してもらうことが重要なので、契約の得られない会社にとって利益率のいい相談者の希望を無視した保険よりも契約の得やすい、相談者にとって本当に必要な保障の案内を行ってくれます。

相談自体は無料なので、内容確認をするだけの方も安心して利用してください。

今話題の保険無料相談。

ご存知の方も多いでしょう。

専門的な話をプロとともにすることができるというのに、お金を一円も払わなくて良いのはなぜなのでしょうか。

下世話な話ですが、お金が流れる仕組みについて少し調べてみました。

ざっくりまとめると会社やFPさんにお金を支払う大本は保険会社で、手数料という形で契約が成立したときのみ支払われるのだとか。

よって利用者と直に接することになるFPさんは担当した顧客が契約をしたときだけお金になるわけですが、個人で動くより契約の機会は増えるので、利害関係が一致しているということですね。

家計がギリギリ、でも将来のために貯金はしたい!という方はどの部分から毎月の支出を減らしましょうか。

お子さんのいる家庭の場合では食費はできればそのままにしたいですよね。

他にパッと思いつくのは、携帯電話料金です。

ついつい課金をしてしまっているのを減らしたり格安SIMに切り替えをするという方法です。

もっと節約を考えるなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを活用した人のブログを見ると現在の保障内容を将来の希望など様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは説明がわかりやすく信頼できたそうなので皆さんも信頼できる担当者を見つけて相談しましょう。

ネット等から評判を集めるのも、良い保険無料相談会社の選び方のひとつです。

参考:ほけんの窓口は騙される?不利な保険を強引に勧められませんか?

見るべきは特にFPさんの提案力や対応力についてなので、注意深く掘り下げてみましょう。

良いFPさんは、特定の商品を勧めません。

顧客について詳細なリサーチの努力を惜しまないので、それぞれの生活に無理なくなじむ提案である上に、それ以上の思いがけない提案に驚きながら納得するなんてこともあるとか。

良いFPさんとの出会いが会社選びを決めるでしょうから、経験を積むためにも複数社で面談を頼んでみるなどして、対応力や提案力を比較してから最終的な決断をすると良いでしょう。

少し前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの販売店では額が大きすぎて本体の金額よりもキャッシュバックされる額の方が大きいようなことすらありました。

保険無料相談サービスでも同様に相談者特典として商品券プレゼントをしていました。

この1、2年はそういったキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

それもそのはず、2017年に金融庁が出した指針で高額キャッシュバックや換金性の高い商品券がもらえるキャンペーンを禁止としたからです。

そのため、保険業界では相談者特典の内容をお米や牛肉、タオルなどの換金性の低いものに変更しているサービスもあります。

最近様々なところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料でできるのかを調べてみました。

どういったカラクリがあるかというと、各保険会社からの契約手数料を主な収益にして成り立っているからです。

つまり、相談サービス会社としては、勧めた保険に相談者が加入してもらうことが重要になります。

そのため、お客様目線で提案・保険内容の説明をしてくれ、「相談に行ったら勧誘がしつこそう」といったといった心配事はほぼ起きないと思って良さそうです。

保険を考えるタイミングといわれるライフイベントがあります。

例えば、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、保険に対する知識がないとどう選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスを活用してみましょう。

現在、保険に入っている人でも年収や支出などが契約当時と比べて状況は変わっていると思います。

なので、無料相談で今の生活状況、将来の夢や希望に合っているか、いざという時に保障でカバーすることができるのかを改めて見直しましょう。

相談した結果、内容はほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

相談だけでも大丈夫なので気楽に利用してみてください。